食べ物豆知識 パン・パスタ・ライス> クスクス

Q  クスクス couscous って何ですか?
A  
クスクスはセモリナ粉を小さな丸い粒にしたものです。

クスクスは、本来はクスクシエという蒸し器で蒸しますが、今では短時間で調理できるように加工したものが販売されています。

クスクシエ couscoussier は調理器具で、ポットの下のほうの鍋でシチューなどをつくり、その上に蒸し器のような鍋を重ね、クスクスを蒸します。

調理したクスクスは皿の中央に盛り、まわりやその上に野菜、魚や肉などを盛り付け、上からスープや汁などをかけて食べます。

クスクスは北アフリカの国、モロッコ、アルジェリア、チュニジ、イタリアのシシリー島、イタリア、フランスなどの国で、メイン料理の付け合せとして食べます。

また、エジプトでは蜂蜜、ナッツ、ドライフルーツとともにデザートとして食べます。

クスクスを使ったサラダも一般的で、好まれています。クスクスを使ったレシピーへ→



Copyright(C) 2006−2008 Saladalways. All Right Reserved.