食べ物豆知識 世界の料理> バーニャ・カウダ

Q  バーニャ・カウダ bagna cauda はどんな料理ですか?
A  
バーニャ・カウダは北イタリアのピエモンテの料理です。

バーニャ・カウダはイタリア語で、「熱いお風呂、ホットバス」という意味で、オリーブオイル、バター、アンチョビー、ニンニクで作るディップです。

バーニャ・カウダは温かいものを、赤ワインとともにすすめます。

バーニャ・カウダにつけて食べる野菜は、セロリ、カルドーン、フェンネル、アンディーブ、アーティチョークなど、その季節の野菜をいただきます。パンなども付けていただきます。
つくり方(4人分)

バター大さじ6、オリーブオイル125ml、ニンニク4かけつぶしたもの、アンチョビーのフィレ6枚細かくきざむ。材料を全部鍋に入れ、よく混じり、クリーミーになるまで弱火で、かき混ぜます。温かいバーニャ・カウダに野菜とパンを添えていただきます。



Copyright(C) 2006-2008  Saladalways. All Right Reserved.