食べ物豆知識 野菜> オリーブの実の色

Q オリーブの実の色の違いと食べ方?

A  
オリーブの実の色の違いは収穫した時点での、実の熟している度合いによって違います。

はじめはグリーン、その後、イエロー、レッド、バイオレット、パープル、最後に、ブラックと変わっていきます。

実は苦く、食用にするには塩漬けなどに加工します。

地中海地方には形、大きさ、色の異なる数百種類ものオリーブがあります。

オリーブの実は前菜には、ナッツ、チーズ、トマト、ハムやソーセージなどと一緒に供します。日本の漬物のような感覚でしょうか・・・。

また、オリーブの実はシチュー、ソース、タルトに加えて調理したり、サラダに加えたり、パン生地に混ぜて焼いたり、いろいろな方法でオリーブの風味を加えます。

種を取って、穴の開いたところに、アンチョビー、アーモンド、ケーパーなどを詰めたピクルスもあります。前菜や、お酒のおつまみなどに喜ばれます。

オリーブのハーブビネガー漬け オリーブ



Copyright(C) 2006‐2009 Saladalways. All Right Reserved.