食べ物豆知識 野菜> オリーブ

Q オリーブ olive とは?

A  
オリーブの木は東地中海沿岸のフェニキア(現在のレバノン)のあたりが起源です。

オリーブは実やオイルを食用に、オイルをランプ用として、およそ3000年も前から栽培されています。

今では、地中海沿岸地方、南北アメリカ、オーストラリアなどで広く栽培されています。

オリーブの実は木に生ったまま熟して、乾燥するまでおくと、そのまま食べられます。

それ以外は、苦さを取り除くために塩水に漬けるなどの処理と加工をしなければ食べられません。

オリーブの種類は数百種類もあり、また、同じ種類が地域により、呼び方が異なる場合もあります。

グリーンオリーブは塩漬けにし、苦さを取ります。

オリーブは熟すほど苦さはやわらぎます。 半分ほど熟すとオリーブの色はパープルになり、だんだん黒くなっていきます。乾燥させてから、オイルに浸け保存することもあります。

若いグリーンオリーブはハーブ、スパイス、フェンネル、チリーなどで、風味を加えます。また、種を取り、アンチョビー、アーモンド、ピメントなどをつめます。

グリーンオリーブにはリグリアン、ピチョリン、セリニョラ、セヴィヤーナ、トスカーナなどの種類があります。

ブラックオリーブにはカラマタ、ニヨン、ニソワーズ、ゲータなど。

オリーブオイル用には、また別の種類があります。

オリーブのハーブビネガー漬け オリーブ



Copyright(C) 2006-2009 Saladalways. All Right Reserved.